TGIA Top menu

HOME English Japanese


 ごあいさつ

 工業会のご案内

 工業会のあゆみ

 会則・役員

 定款

 会員情報

 関連団体

 入会申込



 江戸硝子とは?

 東京都認定伝統工芸士

 伝統工芸品「江戸硝子」職人展



 ガラスの歴史

 ガラスの製法

 ガラスの見分け方

 ガラス市

 体験教室

 工場見学

 ファクトリーショップ

 ガラス情報リンク



 会員ログイン



 お問合せ

 ご意見・ご要望

 WEB管理について


■ガラスの定義
溶融物を結晶化することなく冷却して得られる無機物質
1.結晶でない
2.溶融物の冷却によって作られている
3.無機物質である



■ガラスの種類
一般に食器、工芸品、壜、理化学ガラスに使用されているガラスには以下のガラスが主に 使用されている。
  ■ソーダガラス(ソーダ石灰ガラス)
  ■カリガラス(ボヘミアンクリスタル)
  ■セミクリスタル・クリスタルガラス(レッド・フルレッドクリスタル)
  ■硼珪酸ガラス(耐熱ガラス)

ガラスは結晶と異なり一定の原子の配列をしていないが、Si(珪素)とO(酸素)の結合を 中心として他の元素が結びついている。自由度があるため、いろいろな組成のガラスが存在する。



■ガラスの原料
普通のガラスの中心になる成分はシリカ(珪酸(けいさん)ともいいます)で、化学式で書くと SiO2です。
普通のガラスは、珪砂・ソーダ灰・石灰が主な原料で、さらに丈夫にするためや色をつけるため に必要な原料を加え、よく混ぜて、高い温度でガラスにします。



■ガラス製品の取扱い上の注意(食器、花器、時計、灰皿、置物など)

【ガラスの種類に関する注意点】
ガラス製品には、一般のガラス、高級品のクリスタルガラス、物理的強度を高めた強化ガラス、 熱に対する耐性を高めた耐熱ガラス、などの種類があります。

◎強化ガラスについての注意
強化ガラスは耐熱ガラスではありません。
ガラスは急激な温度変化(特に急冷)で割れることがあります。ガラスが熱いうちに冷たいものを 入れたり、ぬれたところに置かないでください。

◎クリスタルガラスについての注意
クリスタルガラスは、耐熱ガラス・強化ガラスではありません。大切にお使いください。
〈補定:耐熱ガラスについて〉
耐熱ガラス製品には用途区分があります。
ご使用の前にそれぞれの「耐熱ガラス製品の取扱説明書」をよくお読みください。

【ガラス食器についての注意】
(一般のガラス、クリスタルガラス、強化ガラスに共通の注意)
使い始めは洗浄してください。
密閉外装ではありませんので、ガラス食器の使い始めは中性洗剤などで洗ってください。

さらに詳しい情報は、こちら



| 免責事項 | サイト利用規定 | プライバシーポリシー | 特定商取引法 | プレスリリース | サイトマップ |